お火焚き祭りが執り行われました。

当、春日神社では毎年12月9日に恒例のお火焚き祭りが執り行われます。
一年間に持ち込まれた古い神棚やお札さんなどを、黒岡地区の人々によって早朝より境内でお焚き上げされています。

お火焚き祭り1
午後2時からは、4個のお釜で沸かしたお湯を桶に移して神殿前に奉納して神事が執り行われました。

お火焚き祭り2

この4個のお釜には、「寛政6年寅年?」の刻印があります。
ウイキペディアによると、
寛政6年(1794年): 浮世絵界に東洲斎写楽が出現(10か月の活動の後、姿を消す)とあります。

何気なく、毎年恒例の行事としてやっていることですが実は、少なくとも224年も前から受け継がれてきている伝統ある行事だったんですね。
さすが、丹波篠山・春日神社、凄いです。(笑)

お火焚き祭りのお釜

伊勢大神楽の舞納め

本日、朝7時30分から伊勢大神楽「森本忠太夫」の舞納めが奉納されました。昨日に郡家地区が終わって午後3時からの予定が雨降りで本日早朝に延期されたそうです。

昔から毎年、一年間の獅子舞の旅の無事を感謝して、一年の最後の地の丹波篠山の春日神社から各地の神社に向かって感謝の舞をしているそうです。子供の頃から獅子舞は知っていますが、春日神社でこんなことが行われているなんて初めて知りました。

こんなに素晴らしい大神楽を多くの人に見てもらえる方法を思案中です。

手ぶれ・ピンぼけのひどい動画ですが、その様子をご覧ください。

2012年にきれいな動画がアップされていました。